日本人の大好物の肉と言えば…、やっぱり牛肉

みなさんのお好きなお肉って何ですか?

豚肉?それとも鶏肉?でもやっぱり…、牛肉が一番でしょう!

老若男女問わず、多くの日本人に愛されているお肉といえば「牛肉」でしょう!

すき焼き?焼き肉?しゃぶしゃぶ?ステーキ?それとも…、カレー!?

様々な料理に応用可能な牛肉は、まさにお肉の王様でしょう。

そんなお肉の王様「牛肉」の中でも、キングオブキングと言えるのが「松阪牛」。

日本の三大和牛の一つであり、世界的にもブランド肉として広く知られています。

ちなみに皆さんは「松阪牛」をなんと読みますか?

「まつざかぎゅう」でしょうか?実は…、それって読み方間違ってます。

「松阪牛」は正しくは「まつざかうし」と読みます。

この松阪牛、実はいわゆる牛の品種を指す言葉ではありません。

松阪市とその近郊地域で肥育された黒毛和牛の総称が「松阪牛」なのです。

つまり、沖縄の牛でも松阪牛で育って出荷されれば、それはもう立派な「松阪牛」になります。

松阪牛とはあくまで、牛の産地を指す言葉で、牛の出生地を指す言葉ではないのです。

松阪牛=ブランド肉=高級品と思っている人は多いと思いますが、近年の松阪牛は昔の松阪牛に比べると肉質的に劣るケースもあるようなので注意が必要です。

というのも、もともと松阪牛に認定される肉は枝肉格付が最上級のA5とB5の肉のみだったのですが、2002年以降は枝肉格付の定義が削除されたため、ランクの低い肉でも今では「松阪牛」と名乗れるようになりました。

事実、最上級ランクの松阪牛は、松阪牛の総流通量の6%程度と言われています…。

最上級ランクの松阪牛が食べたい!という人は情報サイト、松阪牛よいしょブログ(http://fluxusproject.org/)にも書かれているように格付けにこだわった販売店で購入するようにしましょう。

そうすればきっと納得の味を堪能する事が出来るはずです。