すき焼きに合う牛肉の部位はどこ?気になるお値段は?

すき焼き用のお肉というと薄切りのお肉を選びますが、どの部位のお肉がすき焼きに適しているのか考えたことありますか?

ちなみに大半の方はスーパーなどに置かれている「すき焼き用」と書かれているお肉を無意識に選んでいるかと思います。

しかし、牛肉はそれぞれの部位でその味が大きく異なります。

代表的なものでいうと、切り落とし・モモ肉・ミスジ・肩ロース・リブロース・サーロイン…こんなところでしょうか。

まぁまぁ種類が多いですが、ちょっとこだわったすき焼きを作るならお肉の部位にまでこだわってみたいものですね。

010803food121-trans
ここではそんな牛肉の部位がそれぞれどんな特徴があるのかをご紹介。

是非これを参考に自分好みのすき焼き肉を選んでみてください。


お肉の部位ごとの特徴
モモ肉

すき焼き用で安価な値段で手に入るのがこちらのモモ肉ですね。

比較的赤身の部分が多く、しっかりとした食感が特徴的です。

火を通しすぎると硬くなるのが難点ですので、サッと鍋の中で煮込むくらいが丁度いいとされています。

ミスジ

牛の肩甲骨から腕にかけてのお肉です。

普段あまり動かさないことから脂肪が多く、すき焼き用では最高級品とされている部位です。

通常は焼き肉やステーキとして食べられることが多い部分ですね。

肩ロース

すき焼き肉の大定番です。

脂身が多く、とろける肉質がまさにすき焼きにぴったり。

またそこまで値段も高くありませんので、スーパーなどですき焼き用と書かれているお肉はこちらが使われていることが多いかと思います。

リブロース

あばら骨に近いところにある脂身たっぷりの高級部位のひとつです。

ステーキ用として売られていることが多いですが、こちらを薄切りにして食べるすき焼きはまさに絶品。

精肉店で取り扱っていますので、「すき焼き用に薄切りにしてください」と頼めば簡単に手に入ります。

サーロイン

背中から腰にかけての上質なお肉であるサーロイン、贅沢の極みですがすき焼きに使用してももちろん美味しいです。

普段はステーキや焼き肉でしか食べないサーロインですが、極上の脂が溶け出してすき焼きをワンランク上の料理へと新化させてくれますよ。

切り落とし

各部位を成型する際にカットされる余分なお肉。

実はレアな部位も含まれていたりしてお得なのがこちらの切り落としです。

比較的安価という理由もありますから、ブランド牛の切り落としなどはオススメですね。


通販サイトなら美味しいお肉を楽々購入!
すき焼き肉を買うとするとちょっと前までは商店街のお肉屋さんかスーパー、少し奮発するならデパ地下の精肉コーナーがほとんどだったかと思います。
しかし、最近ではネット通販ですき焼き用の新鮮で美味しい牛肉が手に入る時代になっています。
こちらは贈答用としても人気が高いですね。

そんなネット通販で購入するメリットというとやはり値段の比較がしやすいことかと思います。

ブランド牛などは高級なイメージがありますが、通販サイトで一斉比較すれば実はお得に購入することが可能なのです。

こちらの特選松阪牛やまとは価格も幅広く、予算によって選ぶ事ができるのでおすすめです。


すき焼き肉のお値段はいくらぐらい?
一般的にはすき焼き用のお肉であれば100グラム500円前後かと思います。
贈答用のブランド牛ロース肉などは100グラム4,000円ほどのものもありますね。

一家族分で17,000円~24,000円といったところです。

かなりリッチで贅沢ですが、何かのお祝い事の際にはこういったプレゼントも喜ばれるのではないでしょうか。

サイトマップ

Powered by Prime Strategy Co.,LTD.