何が違うの!?国産牛と和牛のちがい

よく精肉コーナーで見かける「国産牛」や「和牛」といった表記。

実はかなり知られざる事実があることをあなたはご存知ですか?

「国産牛」なんだから日本で産まれた牛なんでしょ?と思ったら大間違いです。

また、「和牛」がなにを指しているのかもいまいちピンときませんよね?

ここではそんな「国産牛」と「和牛」の違いについて分かりやすく解説していきますので、どうぞマメ知識として仕入れていってください。


国産牛と和牛のちがいについて
まずはそれぞれの大まかな定義についてご紹介。

和牛とは?

和牛は牛の品種を表しています。

その種類は全部で4種類「黒毛和種」「褐色和種」「短角和種」「無角和種」となります。

国産牛とは?

国産牛という表記は育った場所のことを表します。

ちなみにどんな品種の牛でも日本国内で3ヶ月以上飼育されたものであれば「国産牛」と表記することになりますのでここはしっかりとチェックしておきたいポイントです。

じゃあアメリカ生まれでも国産牛なの?

日本の現在の食品表示に関する法律では、世界中どこで生まれた牛であったとしても日本に輸入して3ヶ月以上国内で飼育すれば国産牛となります。

人間で考えると分かりやすいですが、アメリカ人夫婦の間に生まれた子供でも生後すぐに日本に来てずっと日本で育ったらもはや日本人ですよね?

その感覚に近いかと思います。


美味しさに違いはある?
こちらも人間で考えるとより分かりやすいですが、白人や黒人とのハーフの子の方が体格が良かったり運動神経が優れていたりしますよね。

それと同じでやはり外国品種の牛は脂身の乗り方や肉質が異なります。

まず餌が違いますから、脂肪や赤身の仕上がり方も当然変わってきます。

また、和牛としての品種を外国へ輸出して育てたら「外国産和牛」になります。

こうなってくるとかなり話が難しくなってきますよね。

そうしたケースもあるので美味しい牛肉を選ぶには、その牛の素性がどういったところにあるのかということをちゃんと把握しておいたほうがいいでしょう。

日本人には合うのはやはり、和牛品種の牛を国内で丁寧に育てた牛かと思います。

これが「国産和牛」です。


ブランド牛とは?
基本的にブランド牛の純然たる基準はありませんが、ここでは日本におけるトップ5ともいえるブランド牛を産地ごとにご紹介していきます。

松坂牛

三重県で育てられる但馬牛系の雌牛を指します。

霜降り肉という言葉を生み出した牛でもありますね。

神戸牛

兵庫県神戸近郊で育てられた和牛、世界的に国産牛肉で一番有名なのがこちらの神戸牛です。

米沢牛

貴重価値の高い、山形県産の牛肉です。

近江牛

滋賀県の一部地域のみで飼育されている牛の種類。

諸説ありますが、日本で最古の食用牛肉とも言われています。

いわて短角牛

岩手県で飼育されている和牛品種「短角牛」のことを指します。

近年人気が高まり、その価格の安さからも需要が伸びてきています。

他にもこんな和牛もあるようです!詳しくはこちらをどうぞ:https://matome.naver.jp/odai/2147928202001646901