すき焼きが残ったらこんなアレンジ料理がおすすめ

すき焼きというとそれだけで料理が完結するイメージがありますが、もちろん鍋料理の一種ですから〆まで楽しみたいものです。

ちなみにすき焼きは味つけがかなりしっかりされていますから、アレンジするのにかなり向いているタイプの鍋といえますね。

ここではそんなすき焼きアレンジメニューを色々とご紹介していきたいと思います。

きっとあなた好みのアレンジが見つかると思いますので、参考にチェックしていってくださいね!


すき焼きを食べたその後の〆アレンジ
まずは、すき焼きを楽しんだその日に作るアレンジメニューをご紹介。

定番のトマトすき焼きリゾット

最近では最初からトマトが入っているすき焼きを見かけることがありますが、そうでない場合でも応用出来るのがこちらのトマトすき焼きリゾット。

作り方は簡単で残ったすき焼きにカットされてあるトマト缶とご飯を加えて煮込むだけ。

お好みでチーズを加えても美味しく仕上がりますね。

濃い目の味付けがワインにも合う「すき焼きパスタ」

あらかじめ20分~30分ほど水に浸しておいたパスタをすき焼きの残りに入れるだけという簡単メニュー。

濃い目に残ったすき焼きの汁がパスタと絡み合い、ワインのお供に最適な〆料理へと変身を遂げます。


すき焼きが残ったら…次の日にアレンジして食べよう!
すき焼きを楽しんだ日はもうお腹がいっぱい、次の日にアレンジを加えて美味しく仕上げるメニューをご紹介していきます。

ナンバーワン人気、すき焼きカレーアレンジ

人気が高い「残りすき焼き」のアレンジです。

ちなみにこのアレンジをするのであれば、すき焼きには最初からジャガイモを加えておきましょう。

色々な具材やお肉からあふれ出た旨味をジャガイモが吸い取ってくれていますので、カレーにしたときの美味しさがハンパじゃないです。

作り方は残ったすき焼きに少量の水とトマト缶を入れて、カレーのルーを入れるだけ。

量もある程度出来ますからコストパフォーマンス的にも良いアレンジとなりますね。

一歩上のアレンジ「すき焼きコロッケ」

少し手間がかかりますが、残ったすき焼きをコロッケへと進化させてみましょう。

マッシュポテトを作って余った具材と混ぜ合わせます。

それに衣をつけて揚げたら完成となりますが、時間をかけた分かなり美味しいコロッケに仕上がりますよ。

ちなみにこのとき汁気はちょっと取った方がいいですね。

水分が多いと揚げた時に破裂する原因になりますので、その点だけご注意下さい。